堺市 債務整理 法律事務所

堺市在住の人が借金返済など、お金の相談をするならどこがいい?

多重債務の悩み

自分一人ではどうすることもできないのが、お金・借金返済の問題です。
金額がどんどん多くなり、金利を払うのがやっと。
借金返済の問題は、1人で悩んでいても解決するのは難しいものです。
堺市の人も、まずはインターネットの無料相談で、司法書士や弁護士に相談してみませんか?
いきなり事務所へ行って直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、気後れなく相談できるのではないでしょうか。
もちろん、堺市に対応している法務事務所や法律事務所を紹介しています。
一人で悩まず、弁護士や司法書士に相談することが、借金問題解決への第一歩です。

堺市の人が借金・債務整理の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

堺市の借金返済・多重債務解決の相談なら、こちらがおススメ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の法律事務所。
初期費用が0円だから、手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払いは、分割払いもOKです。
相談料金ももちろん0円!
借金取り立てのストップも可能。
個人再生、過払い金、任意整理、自己破産、など、借金や債務の問題について無料相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話料金無料)で相談受付できるので、お金に困っている方も今すぐ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、過払いや借金の悩みが相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたにピッタリの方法で、どうにもならない借金問題を解決します。
それと、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻せた過払い金から支払を清算できます。
任意整理についても、減額報酬や和解成功報酬などを一切支払わなくてよいので、おトクに解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の方でも安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

堺市に住んでいる人が借金・債務整理の相談をするなら、このサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネットでできる借金解決のための診断ツールです。
とてもカンタンな質問に答えるだけで、借金をどうやって減らすかの方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな人にピッタリです。
しかも匿名&無料で利用できます☆
全国に対応のサービスなので、堺市の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 毎月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名・無料で利用できる!
  • 全国対応!
借金問題を解決するための第一歩として、無料診断、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の相談と診断を。



弁護士へ相談前の注意



他の堺市近くにある法律事務所や法務事務所紹介

他にも堺市には複数の法務事務所・法律事務所があります。参考にしてみてください。


●吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4-1 三栄ビル3階
072-254-5755
http://office-yoshida.net

●シヴィル法律事務所 弁護士法人
大阪府堺市堺区南花田口町2丁3-20 住友生命堺東ビル3階
072-222-3120
http://civil.or.jp

●あい司法書士法人 堺事務所
大阪府堺市堺区北瓦町2丁1-19 たつみビル
072-222-4411
http://ai-shiho-shoshi.jp

●弁護士法人アディーレ法律事務所 堺支店
大阪府堺市 堺区戎島町4-45-1 ホテル・アゴーラリージェンシー堺 リージェンシープラザ1F
0120-316-742
http://sakai.adire.jp

●五月法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁1-21 堺東八幸ビル 5F
072-221-1807
http://satsuki-law.gr.jp

●堺法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 6F
072-232-5188
http://sakai-law-office.jp

●松本司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-32 新町ビル 6F
072-221-5300
http://office-matsumoto.biz

●十三(司法書士法人)堺東事務所
大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-23 堀ビル 4F
072-228-0084
http://13-office.jp

●関和男司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-4
072-222-3330
http://soseki.jp

●堺総合法律事務所
大阪府堺市堺区一条通20-5 銀泉堺東ビルディング 6F
072-221-0016
http://sakaisogolaw.net

●フォーゲル綜合法律事務所 堺事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-232-5400
http://vogel-law.jp

●田中司法書士事務所
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通8
072-233-1167
http://tanaka-shihou.com

●泉田法律事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-222-1525
http://izuta-law.com

●堺けやき法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 5F
072-224-5654
http://keyaki-lo.com

●齋藤司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町3-3 ルネッサンスビル 5F
072-225-5101

●岩井司法書士事務所
大阪府堺市堺区南瓦町1-19 グランビルド堺東301号
072-238-4500
http://legal-counselor.jp

●中谷優子司法書士事務所
大阪府堺市西区北条町1丁17-10
072-247-8820
http://office-nakatani.hp4u.jp

●はら(司法書士法人)
大阪府堺市堺区新町3-6
072-223-1560
http://hara-sakai-sihou.main.jp

堺市にある地元の司法書士や弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ただ、いきなり直接相談するより、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気後れせずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

借金の返済や多重債務に堺市在住で弱っている方

キャッシング業者やクレジットカード業者などからの借金で悩んでいる方は、きっと高利な利子に悩んでいるのではないでしょうか。
お金を借りたのは自分です、自分の責任だから仕方ありません。
しかし、複数の金融業者から借金していると、額がふくらんで、とてもじゃないけど完済できなくなってしまうでしょう。
毎月の返済では利子しかし払えていない、という状況の人も多いでしょう。
こうなると、自分ひとりの力で借金を清算するのはほぼ不可能でしょう。
借金を清算するために、弁護士や司法書士に相談すべきです。
どうやったら今ある借金を全部返せるのか、借金を減らせるか、過払い金はないか、など、弁護士や司法書士の知恵をかしてもらいましょう。
お金・借金の問題の解決は、相談することから始まります。

堺市/任意整理のデメリットを調べよう|債務整理

借金の支払いをするのが難しくなった場合には出来るだけ迅速に対策しましょう。
放っておくと今現在より更に利息は増していきますし、解消はより難しくなるのではないかと思います。
借り入れの返済をするのが大変になった時は債務整理がよくされるが、任意整理もしばしば選択されるやり方のひとつでしょう。
任意整理の場合は、自己破産の様に大切な資産を維持したまま、借金の減額ができます。
又職業や資格の限定もありません。
良い点のたくさんある進め方とも言えるのですが、もう一方では欠点もありますから、不利な点においてももう1度考慮していきましょう。
任意整理の欠点としては、先ず初めに借金がすべて帳消しになるというのではない事をきちんと把握しましょう。
減額をされた借り入れはおよそ三年ほどの間で全額返済を目標とするので、きちっとした返却プランを作成しておく必要があります。
それから、任意整理は裁判所を通さないで債権者と直に話合いをすることが可能なのですが、法の見聞が無い初心者じゃ上手く交渉がとてもじゃない出来ないこともあります。
さらには不利な点としては、任意整理したときはそれらのデータが信用情報に掲載される事になるので、いわばブラック・リストという情況に陥るのです。
それゆえに任意整理をしたあとは5年〜7年位は新しく借り入れを行ったり、ローンカードを新規につくる事は出来ないでしょう。

堺市|自己破産に潜むリスクとは?/債務整理

はっきり言えば世の中で言われているほど自己破産のリスクは少ないのです。マイホーム・高価な車・土地等高価格の物件は処分されるが、生活するうえで必要なものは処分されないのです。
また20万円以下の貯金は持っていてもいいのです。それと当面の間数箇月分の生活する為に必要な費用100万未満ならばとられる事は無いのです。
官報に破産者のリストとして記載されますがこれも一定の方しか目にしてません。
又俗にブラック・リストに記載されて7年間程の間ローンまたはキャッシングが使用出来ない状態となるが、これはいたしかた無いことなのです。
あと定められた職につけないという事があります。ですがこれもごくわずかな限られた範囲の職種なのです。
ですから債務超過で返済する事が不可能な借金を抱えこんでるのであれば自己破産を行うと言うのも1つの手段なのです。自己破産を進めたら今までの借金が全てゼロになり、心機一転人生をスタートすると言うことでよい点の方が大きいと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限とし公認会計士や弁護士や司法書士や税理士などの資格は取り消されるのです。私法上の資格制限として後見人、保証人、遺言執行者にもなれないです。又会社の取締役等にもなれないでしょう。しかしながらこれらのリスクはあんまり関係がないときが多いのじゃないでしょうか。リスクはあんまり大きなものじゃ無いはずです。